常駐警備は、ご契約先に警備隊員を派遣し、お客様の大切な生命・資産をお守りします。常駐警備の業務内容には固定配置と各種管理業務及び巡回があります。

固定配置では警備上最も効果的な拠点において、立哨・座哨・動哨という形態で警備担当地域全般に対する警戒を行います。

管理業務には、出入管理や受付管理等があり、出入管理は、お客様と協議の上で定めた出入規定により、人や車両の出入りを資格と必要性に基づいて規制します。受付管理は、客様の窓口たる機能を果たす業務になりますので、責任感と品位をもってあたり、他に鍵の保管・貸し出しや電話の授受等もこれに含まれます。

巡回は、路線による区分、時間による区分、密度による区分に分類されます。路線による区分には、定線巡回・乱線巡回があり、時間による区分には、定時巡回と不定時巡回、密度による区分には一般巡回、要点巡回、細密巡回があります。

これらの業務をお客様のニーズに合わせて効果的に編成して、警備にあたります